ファイル交換システムについて

プライベートクラウド(自社サーバーを介した)で、より安全にデータの交換ができます。
SSL導入により、通信上はデータが暗号化されます。

  • 送信者は、事前に受信者のユーザー登録が必要です。
  • 大容量のファイル交換のアップロード、ダウンロードが可能です。